手続きについて

スカイチケットでは、格安航空券をWEBサービスを使うことで非常に手軽かつ簡単に購入することができるのですが、航空券を購入する際にも、通常の航空会社に直接ネット予約をするのとは違って、スカイチケットという旅行代理店を通した形になりますので、手続きなども少し勝手が違ってくることを覚えておくといいでしょう。

スカイチケットの支払方法について

スカイチケットで、格安航空券を購入する場合注文が確定してから請求の知らせが来るようになっています。
支払方法は、その請求支払先に銀行振込をするか、クレジットカード決済をするか、コンビニ決済をするかの三つの方法になっています。
銀行振り込みの場合は、振込手数料がかかるのですが、クレジットカードの場合とコンビニ決済の場合は事務手数料がかかってしまうので、どれも一長一短と言ったところですね。

スカイチケットの領収書について

スカイチケットで、航空チケットを購入する際は入金が終わって決済の後に、最終案内のメールに領収書用のURLが記載されますのでそちらからプリントアウトして使うことができます。

航空チケットの期限延長について

これが、唯一と言っていいくらいスカイチケットの数少ないデメリットなのですが、基本的にスカイチケットというのは航空会社から直接航空チケットを購入しているわけではありません。
いわば、旅行代理店として決まった期日の物を購入代行をしてくれているだけなのです。
だから、期限延長や搭乗日の変更などの手続きを行うことができない、というようなデメリットが付いてくるのです。
通常、航空会社に直接航空チケットの予約をした場合は手数料を支払ったりして期日を延ばしたりすることができるのですが、スカイチケットの場合は、ピンポイントでの購入代行になります。
だから、期限延長をする場合は航空チケットを一度キャンセルしてから再度別日に申し込みをする、というような手間が必要になってくるのです。