キャンセル扱いについて

通常、航空チケットをインターネットを利用して購入した場合というのはキャンセルするときには購入した航空会社に直接問い合わせをしなくてはいけませんね。
しかし、格安航空券を手に入れることができるスカイチケットで購入手続きをした場合は、購入した航空会社ではなく、スカイチケットに連絡を入れなくてはいけないようになっているのです。

スカイチケットのキャンセル扱いについて

スカイチケットで購入した格安航空券をキャンセルする場合、というのは、スカイチケットに直接連絡をしてキャンセルするようになっているのです。
というのも、基本的にスカイチケットで航空チケットを購入する場合、というのは当日までスカイチケットにまだチケットと入金したお金があるような状態になっているのです。
だから、当日になる前だと航空会社に連絡をしても払い戻しがされなくなってしまう、というようなことがあるのです。
しかし、スカイチケットのキャンセルに関してもタイミングによってはキャンセル料金が発生しない場合があります。
例えば、注文をしてから請求が来て入金をする前の段階でのキャンセルだとキャンセル料金が発生しないので、そのまま入金せずにキャンセルする旨だけをスカイチケットに連絡すればいいのです。
そのほかに、入金してしまった場合は出発の前日までにキャンセルの連絡を入れることが必要となっています。
また、キャンセル後の連絡は出発日よりも7日以上になってしまうとキャンセル料を差し引いた払い戻し金が返金することができないので、必ずキャンセル後の連絡を行うようにしましょう。
また、払い戻し金の振込手数料はスカイチケット負担ではなく予約した側の自己負担となっています。
当日のキャンセルの場合は、通常通りスカイチケットではなく航空会社にキャンセルの連絡をするようになる、という感じでキャンセルをするタイミングによって連絡先が変わってくるのもスカイチケットの特徴といえます。